ショップよりお知らせ

RSS

トリートメントシャンプーについて

ナチュラルコスモのトリートメントシャンプーのお話

alt_text
  • 洗浄成分やトリートメント成分について
  • きしみについて
  • 洗い方ついて

トリートメントシャンプーの洗浄成分やトリートメント成分について

【洗浄成分】
洗浄成分はお肌の保湿を考え、ヤシ油由来のもののみ使用しています。


【トリートメント成分】
私たちのトリートメントシャンプーは、ノンシリコーンのシャンプーです。
トリートメント成分は最大27種類のハーブを配合しております。

トリートメント成分というイメージはツヤが出て、
さらさらになるイメージかもしれませんが、 私たちの考えるトリートメントとは保湿や頭皮髪の健康を整える意味での「トリートメント」です。

アーユルヴェーダに基づくハーブも、ヘナ、シカカイ、アワル、アムラなどを使用しております。

また、ナチュラルコスモの商品の特徴である2つのアンシェントナチュラル成分、グランドキャニオンの恐竜時代の地層から抽出された植物性のミネラルと、アメリカ合衆国オレゴン州、シャスタ山から流れるクラマス湖で自生する、ブルーグリーアンアルジーと呼ばれる藍藻類(シアノバクテリアの一種)を配合。

植物性ミネラルは平均1ナノミリメートルと小さく、髪のキューティクルの隙間の10分の1、海洋深層水などに含まれるミネラルの1000分の1なので、吸収率が全然違うと言われています。

また、ブルーグリーンアルジーは60%以上がタンパク質で構成されており、髪の毛は主にタンパク質ですので、髪を健康な状態へ導くと言われています。

きしみについて

【きしみを怖がらないで】
シリコーンが入っていなかったらきしむものが多いです。 シリコーンは合成樹脂の一種で酸化・分解されにくい性質がありコーティングとしては有効な成分です。

キシミ取りが入っていないんだから当然なんですが、 洗っている最中のキシミが怖くてノンシリコーンシャンプーへの乗り換えを断念される方がいらっしゃいます。

こんなにきしんでいたら、髪の毛が傷んでしまうんじゃないかと思われるのは当然です。 でも、洗っている時のキシミが実はノンシリコーンシャンプーのポイントなんです。

シリコーンという油のコーティングが取れ、髪の毛むき出しになっている状態で髪の毛を濡らすと、 キューティクルという髪の毛を鱗のように覆っているものが、開きます。

キューティクルが開いている状態は、髪の表面がざらざらになっているのできしみとして感じてしまいます。

そこにシリコーンを使用するとざらざらを油で軽減してくれますが、 代わりに髪の毛や頭皮をコーティングしてしまい、頭皮に栄養成分が届かなくなります。

シリコーンを取り除き、栄養成分を与えてあげると、頭皮が元気になり、 根元がふんわりと立つようになると言われています。

髪の毛は乾くとキューティクルが再び閉じるので、濡れている時のキシミが嘘のように、楽になります。

なので、キシミを怖がらずに、しばらく試してみて欲しいのです。

せっかく髪のキシミを我慢しているのに、栄養成分が全く入っていない、 もしくは少ししか入っておらず、洗浄成分のみで、しかも洗浄力が 強く肌への刺激が強いもので洗ってしまっていたら、 頭皮の改善にもならず、髪の毛の痛みも悪化していくだけという事です。

だから、ノンシリコーンシャンプーを我慢して使っていても、 髪の毛が一向にきれいにならない、頭皮も傷んだままと言う事が起こってしまいます。

そこで、ナチュラルコスモのトリートメントシャンプーには最大27種類の天然トリートメントハーブを入れています。

洗い方について

【洗い方】
主に頭皮を洗っていただき、髪の毛には洗ったときに出てくる泡を塗る様な感じで(髪の毛はごしごしと洗いません)、 そのまま3分間ほど置いてハーブを頭皮と髪につけておいて欲しいのです。

3分後は流していただいて、コンディショナーもなにも無しでお風呂をあがっていただいて、乾かしてください。
髪の毛が乾くと、キシミが嘘のように楽になります。

トリートメントシャンプー3種類のうち、ご自身に合うものがございましたら、まずは300mL一本を使ってみてください。

また、いくらトリートメントシャンプーに天然トリートメントハーブが入っているからといっても髪の毛のダメージ具合や日々の乾燥によって保湿が十分でない場合が多々ございます。

その際は、薔薇椿オイルを乾いていても濡れていても塗っていただき、濡れている場合はその後ドライヤーで乾かしていただくと必要な水分が逃げずに乾かすことができ、また軽いオイルなのでべたつかず、ほどよいツヤが出ますのでおすすめです。

ほかにもスカルプケアや全身に使えるヘアデザートスパや、薔薇椿オイルと一緒にもお使いいただけ髪の毛だけでなくお顔にも使っていただけるヘアローズミストなどもございます。チェックしてみてください。

ページトップへ